〒734-0002
広島県広島市南区西旭町8-8

〒734-0002 広島県広島市南区西旭町8-8 電話:082-253-1316
午前 8:30~12:00 午後 3:00~6:00 休診日 木曜・土曜午後、日曜、祝日

広島市 内視鏡検査 おちうみ内科消化器クリニック 胃内視鏡 胃カメラ 大腸内視鏡 大腸ファイバー 経鼻内視鏡検査 胃がん 大腸がん

胃内視鏡(胃カメラ)

HOME»  胃内視鏡(胃カメラ)

院長コラム

お問い合わせ

mobile

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは?

胃内視鏡検査(胃カメラ)とは?

胃内視鏡検査では、口あるいは鼻から内視鏡を挿入して、胃の内部を検査します。早期胃がん、早期食道がん、ポリープ、胃潰瘍などの発見に効果があります。

胃内視鏡(胃カメラ)で検査できる疾患

食道・胃・十二指腸の疾患全般

食道ポリープ・食道がん・逆流性食道炎・食道静脈瘤
胃潰瘍・胃ポリープ・胃がん・慢性胃炎・ヘリコバクターピロリ感染症・十二指腸潰瘍 など
胃痛・上腹痛・胸焼け・嘔吐・膨満感など、お腹や胃に痛み・違和感のある方は、内視鏡検査を受診されることをおすすめします。

経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)のご紹介

経鼻内視鏡とは、極細の内視鏡を鼻から入れる検査です。経鼻内視鏡にはメリットとデメリットがありますので、患者様のご希望や症状などにより、どちらの内視鏡を使用するか決定します。

経鼻内視鏡のメリット
鼻から内視鏡を挿入すると、喉の奥に当たらず、嘔吐反射(おえっとなる)が少ないです。また、検査をしながら会話もできます。口からの内視鏡がどうしても怖い、という方におすすめします。
経鼻内視鏡のデメリット
内視鏡はレンズの直径が大きいものほど高画質です。直径の小さい経鼻内視鏡では、口からの内視鏡に比べて画素数に劣り、極めて小さな病変を発見することが困難です。

症例の紹介

当院にて発見された症例の一部をご紹介致します。

  • 早期食道がん
    早期食道がん

    非常に早期の食道がんであったため、内視鏡的な治療が可能でした。

  • 早期胃がん
    早期胃がん

    非常に早期の胃がんであったため、内視鏡的な治療が可能でした。

  • 胃潰瘍
    胃潰瘍	胃潰瘍
  • 胃潰瘍
    十二指腸ポリープ
  • 十二指腸ポリープ
    十二指腸ポリープ
  •  

検査の流れ

一般的には、一度診察を受けて頂いた上で、検査の説明と予約などを行います。
健康診断の再検査などで検査のみを希望される方は、お電話での受付も可能です(予約状況により、検査の可能な日時は異なります)

午前に検査をされる方は21時以降の食事はしないで下さい。3時以降は水分も取らないで下さい。
当日10時以降に検査をされる方は、朝起きてコップ2~3杯程度の水分は飲んで頂いてかまいません。

当診療所では午後(15~16時)も胃内視鏡検査を行っています。午後に検査をされる方は、当日朝8時まで軽い食事(おかゆ・うどんなど)をして頂けます。昼食は抜いて頂き、13時以降は水分も取らないで下さい。

内視鏡検査を希望される方は、検査当日の車・自転車での来院はご遠慮下さい。
起きた状態で検査をする場合でも検査時に使用する薬剤で注意力が低下するため、車や自転車の運転はできません。

受付
受付

来院頂きましたら、受付を済ませ検査時間までお待ち下さい。
咽頭麻酔
咽頭麻酔

のどに麻酔をすることで、検査時の苦しさを和らげます。(10~15分)
(静脈麻酔)
静脈麻酔

寝た状態での検査を希望の方は静脈麻酔をします。麻酔はすぐに終了します。
検査
検査は3~5分程度で終了します。寝た状態での検査なら、気付かないうちに終了します。
後検査
後検査後は検査に使用した薬剤の効果がきれるまで安静にして頂きます。静脈麻酔をしない方(0.5~1時間)、静脈麻酔をした方(1~1.5時間)
結果のご説明
結果のご説明
検査結果を説明致します。

検査費用

検査費用は基礎疾患などの状況により異なります。
胃内視鏡検査は保険診療ですので、検査費用に大きな差はありません。

生検を行わない場合
約5,000円~6,000円(初診料など含む 3割負担分)
生検を行う場合
約8,000円~12,000円(初診料など含む 3割負担分)

生検とは ・・・ 病変かどうかが疑わしい場合、組織を採取し顕微鏡で観察することで診断を確定させる方法です。

Page Top