〒734-0002
広島県広島市南区西旭町8-8

〒734-0002 広島県広島市南区西旭町8-8 電話:082-253-1316
午前 8:30~11:30 午後 3:00~6:00 休診日 木曜・土曜午後、日曜、祝日

広島市 内視鏡検査 おちうみ内科消化器クリニック 胃内視鏡 胃カメラ 大腸内視鏡 大腸ファイバー 経鼻内視鏡検査 胃がん 大腸がん

大腸内視鏡(大腸ファイバー)

HOME»  大腸内視鏡(大腸ファイバー)

院長コラム

お問い合わせ

mobile

大腸内視鏡(大腸ファイバー)とは?

大腸内視鏡では、肛門から内視鏡を挿入して、大腸を検査します。大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎の発見に効果があります。
また、ポリープが見つかった場合、その場で切除することができます。

大腸内視鏡(大腸ファイバー)で検査できる疾患

大腸(直腸・結腸)の疾患全般

大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎・種々の大腸炎・クローン病 など
下痢・下血、便秘、便潜血陽性、便が細いなど、便やお腹に違和感のある方は、内視鏡検査を受診されることをおすすめします。

大腸内視鏡(大腸ファイバー)とは?

特に女性の方では、「大腸ファイバーは恥ずかしい」と抵抗感のある方は多いのではないでしょうか?
そういった不安を軽減するため、検査用のパンツに履き替えて頂いています。
おしりの所に紐が付いていて、検査の時に紐をほどけば、肛門の部分だけが開くようになっているので、お尻を出さずに検査ができます。

大腸内視鏡(大腸ファイバー)のご紹介

当院にて治療しました症例の一部をご紹介致します。

  • 早期大腸がん Is+IIa(治療前)
    早期大腸がん Is+IIa(治療前)
  • 早期大腸がん Is+IIa(治療後)
    早期大腸がん Is+IIa(治療後)
  • 小さな病変ですが、Is+IIaと特殊な肉眼型であり悪性度が高く、早期大腸癌でした。
    一括切除にて根治的切除となっています。日帰り手術で対応しました。

  • 早期大腸がん G-LST(治療前)
    早期大腸がん G-LST(治療前)
  • 早期大腸がん G-LST(治療後)
    早期大腸がん G-LST(治療後)
  • 大きさが2cmを超えたやや大きな病変ですが、一括切除にて根治的切除となっています。
    日帰り手術で対応しました。

検査の流れ

大腸内視鏡検査の場合、前もって前処置薬をお渡ししなければなりません。そのため、内視鏡検査のみを希望される場合でも、一度来院下さい。

前処置
前処置
来院前にご自宅にて前処置薬を服用して頂きます。
前処置は便通状態で異なりますが、若い方で2~3時間、長い方では6時間かかることもあります。
受付
受付を済ませ、検査時間になりましたら検査着に着替えて頂きます。
(前処置)
ご自宅での前処置が不安な方、ご高齢の方、足腰の弱い方、軽度の認知症の方は、当診療所にて看護師の指導の下、前処置を行います。
前処置
薬の注射検査の前に、腸の働きを抑える注射をします。(約1分)
検査
検査

大腸内にポリープが無ければ15分程度で検査は終了します。
ポリープがある場合は検査時に切除します。検査時間はポリープの数によって変動します。
結果のご説明
結果のご説明

服を着替えて頂いた後に検査結果を説明致します。

検査費用

検査費用は基礎疾患などの状況により異なります。
大腸内視鏡検査は保険診療ですので、検査費用に大きな差はありません。

ポリープの無い場合
約5,000円~6,000円(初診料など含む 3割負担分)
ポリープを切除する場合
約20,000円~30,000円(ポリープの数・大きさにより異なります)
生検を行う場合
約9,000円~15,000円(初診料など含む 3割負担分)

生検とは ・・・ 病変かどうかが疑わしい場合、組織を採取し顕微鏡で観察することで診断を確定させる方法です。

Page Top